2007年 06月 18日
直島日記
c0002758_22582680.jpg先週末は、ずっーと行きたかった「直島」へ行ってきました。ナオシマ・・・。ご存知でしょうか??本州と四国の間にある(つまり瀬戸内海)人口約3000人の島。香川県に属した島。ここ最近ではあの大企業ベネッセが島のほとんどを買占め、日本が誇る建築家「安藤忠雄」を中心に、自然とアートを楽しむ一大リゾート、その名も「ベネッセアートサイト直島」を設計し、そしてさらには島全体を巻き込んだ(例えば、「家プロジェクト」・・・街中、家の中、お寺などにアートな作品が!)、まさに「芸術島」、、そんな島、直島にようやく一泊の旅行ができたのです。(なんせ、安藤氏のファンですので。ちなみにイベントしてる、あのウェラーズクラヴのビルも安藤デザインだとか。。)旅行前日は朝近くまでバンド練だった為、車での旅行を諦めて、急遽新幹線に乗り向かうが、京都から岡山まで一時間。超楽で大正解だった。そして宇野港よりフェリーに乗り込み、小島を抜けながら20分ほどで到着。するとベネッセのバスが出迎えしてくれていたので、延べ家から2時間ちょっとであっという間にベネッセハウスに到着できた。もちろん泊まる宿も安藤建築。心地よい空間。。素晴らしい景色。、、(が・・自然破壊とアートについて少し思いに更ける時間となる。。)で、、一番最初に見たアート作品は、草間氏の「南瓜」。(写真)(実はボク、草間おばあちゃんもファンですねん。。京都の個展も勿論行ったし。しかしすごいインパクトです。「なんでやねん」って言いたくなうよなすごいインパクトです。草間氏自体の存在も含めてね。。その他、地中美術館や家プロジェクトなど、たくさんの作品にふれることができ、アイデアと技術を使ってどのようにアプローチしているか、読み取っていく楽しみが少し勉強できたように思います。で、やはり体験型(ジェームズタレル氏&安藤さんの南寺が最高でした。)の作品が楽しかったです。まぁ、まったくボクとは美的センスの違う作品も多かったですが・・・。しかし、さすがはリゾート的空間。食事が高かった。。ディナーはコースで1万円ほどして痛い出費となってしまったので、次の日は地中カフェ軽い食事を取ったり、有名な「カフェまるや」さん(ホント、島の民家そのものだった)で、ゆったり。かわいらしい看板カレーやチーズケーキ、ホントにうまかったです。やっぱりどこに行ってもカフェなボク。。直島に行ったらぜひ!好きなカフェになりました。(BGMがはっぴいえんどだったので、個人的に評価が高い。。)ちゅうことで、のんびりしたいい旅行になって満足。。あーまた、、のんびりしたいな。。
[PR]

by kathyswing | 2007-06-18 23:06 | HITORIGOTO>>


<< ついにオープンします!      あいつによろしく。 >>